Musiquarium

音楽酔族館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「深切治療」 萱寧 (Ama)

昨日まで私は香港にいた。

けたたましい夜景とネオンサイン。

そして激しいほどの猥雑さ。

そして陰に潜む暗い生活感。

香港は双方向で東京を完全に圧倒している。

そして音楽でもそうである。

           1175353340368_2.jpg


英国から中国に返還されて久しいせいか、言語も中心になるものが英語から広東語へと移っていたような気がした。

現地のMTVでこの曲と出会った。

「深切治療」 萱寧 (Ama)。

この手の音楽が日本には少ない。


日本の平和な諸兄は、韓国や台湾、香港やシンガポールに今に追いつかれると思っているかもしれないが、

もう文化面では、とっくに追い越されていることに気付いている人は割と少ない。


「深切治療」というからには、女性の傷心を歌った曲か。

リリックが広東語なので正直内容はまったく理解が出来ない。

わかるのは、私がこういう曲を好きということだけ。

                sugarpepper.jpg

                (向かいの女性はSugar Pepper師匠です)


香港が生んだスーパースターであるブルース・リーも、

「考えるな・・感じろ」

といっていたし、


同行してくれたSugar Pepper師匠は、私が香港の夜景にやられてしまっただけだというが、

この曲との出会いは、

スキー場での恋のようなものなのだろうか。



スポンサーサイト

コメント

『萱寧』は香港の新人さんですね。
「深切治療」は訳すと色んな意味に捉えられますが、「心をこめて癒します」というニュアンスですね。
他の曲も聴いてみたくなりました☆

  • 2007/09/20(木) 10:11:27 |
  • URL |
  • ハナブサ #-
  • [ 編集]

ハナブサさん、コメントありがとうございます

>『萱寧』は香港の新人さんですね。

良くご存知ですね。香港で現地のMTVで紹介されているのを見て、翌日尖沙咀のHMVにCDを買いにいきました。

「深切治療」とは、「深い(心の)傷を治療する」という意味かと思っていました。ハナブサさんは広東語もお詳しいのですね。

  • 2007/09/20(木) 22:34:39 |
  • URL |
  • show-zono #WkRHyY6E
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://showzonomusic.blog108.fc2.com/tb.php/6-fec21157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。