Musiquarium

音楽酔族館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Wait A Little While」 Kenny Loggins

私は人に関する風評をほとんど信用しない。

人に関することでは自分の感覚しか信用しないからだ。

「あのひとは変な人だから・・」

といわれている人と接してみても、

どう割り引いても、そう言っていた人間のほうが明らかにおかしいということはよくあるこだ。

綺麗な言葉を並べる人間にもヘドがでるほど汚い人間は多い。

だから必ず自分の眼で確かめたほうが良い。


              bluemagic~~_bluemagic_101b



音楽もそう。

Kenny Logginsといえば「Foot Loose (1984)」のベタベタなイメージが強すぎて、つい敬遠しがちだけれど、

彼がブレイクするずっと前の「Nightwatch (1978)」に収録されてる「Wait A Little While」という曲に触れてみようか。


人間も音楽も、

イメージではなく、自分の感覚で選ぶことをおすすめ致します。




スポンサーサイト

コメント

kenny 

ケニー・ロギンスは『ロギンス&メッシーナ』時代が好きなのですが、このアルバムも素晴らしいですね。
よく聴きました。
この曲はいいですね。
でも、ラストの『Angelique』の方がShow-zonoさん好みのような気がしましたので意外な選曲ですね。
他にはスティーヴィーとのデュエット『Whenever I Call You "Friend"』なんか好きです。

私は音楽は他人の感覚は大いに活用させていただいていますが、人に関しては、風評は全く信用していません。
むしろ、悪い人とよくウマが合うようです(笑)

  • 2008/01/22(火) 00:13:00 |
  • URL |
  • white #JAgmjgN6
  • [ 編集]

whiteさん、コメントありがとうございます

Kenny Logginsはあまりにも「Foot Loose」のイメージが強すぎて、大いなる誤解を招いているアーティストのひとりだと思っています。
おっしゃるとおり「Angelique」をご紹介したいところですがこちらのほうが、皆様にご理解いただきやすいかと思いました。

かなり以前にも書きましたが、Ray Parker Jr.も「Ghost Busters」のイメージが強すぎて大いなる誤解を招いてしまった不幸なアーティストですね。

>むしろ、悪い人とよくウマが合うようです(笑)

私と同じですね。(笑)

  • 2008/01/22(火) 23:20:03 |
  • URL |
  • show-zono #WkRHyY6E
  • [ 編集]

ケニー・ロギンス「フットルース」なつかしいですね。日本で言う「一発屋」とはあきらかにちがう底力みたいなものは当時何にも知らない女子高校生だった私でも感じました。日本の「一発屋」を引き合いに出すこと自体間違いですね(笑)。
レイパーカーJrのあの曲も、すごく調子のよい曲なのに彼のあのエロティックな歌いようにいい意味でぞぞぞでした。
ご紹介の曲、色気がありますよね。そうか、この人色気があるわ。
こういう色気もいいなぁ。
フルコーラスで聴けてよかった(笑)。

  • 2008/01/24(木) 21:30:42 |
  • URL |
  • m-asa #-
  • [ 編集]

m-asa さん、コメントありがとうございます

「Foot Loose」という曲自体は一発屋の曲そのものですね。(笑)
「Danger Zone」という曲も一発屋の曲以外何物でもなく、そんな曲だけのアーティストでしたらわざわざこの「Musiquarium」でとりあげることはないでしょう。(笑)

大いなる誤解を与える曲で大金を稼いでしまったKenny Logginsも悪いのですが、つつましく音楽と向き合っていた時代の彼の音楽をご紹介したかったのです。(笑)

なぜか、フルコーラスで聴けるようになりましたね。著作権の問題でレコード会社によって違うようですね。

  • 2008/01/24(木) 23:26:22 |
  • URL |
  • show-zono #WkRHyY6E
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://showzonomusic.blog108.fc2.com/tb.php/26-97c0074e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。