Musiquarium

音楽酔族館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「So Much In Love」 Sheena Easton

こんな曲を知ってる人は少ないだろうな。

1981年にリリースされたSheena Eastonのデビューアルバム、

「Sheena Easton (1981)」に収録されている「So Much In Love」。


大ヒットした「Modern Girl」よりも好きだったな。

私は中学生にしてすでに天邪鬼だったから。


オトナになってあらためて振り返っても変わらない。

「So Much In Love」のほうが好き。


              sheena_easton_photo_4.jpg


21歳のSheena Eastonの声が初々しいね。


アルバムのなかの隠れた佳曲。

自分だけの佳曲。


「So Much In Love」は私にとっての佳曲なのです。



So Much In Love - Sheena Easton
スポンサーサイト

「道」 Tomita Lab

季節はめぐり、

私はここに辿りついた。


色々な人たちと出会い、

色々な人たちと離れた。


冨田恵一氏のプライベートプロジェクトであるTomita Labの「道」という曲が耳をかすめ、

ここに辿り着くまでの道のりをふと思い返した。



            tomita 1



私はまたいずれ夏を向かえ、

また秋を迎えるだろう。


そしてまた色々な音楽と出会い、

色々な音楽を忘れるだろう。


そしてまたいつかこのTomita Labの「道」という曲に触れ、

性懲りもなく同じことを想うのだろう。



Michi - Tomita Lab feat. Bird

「冬来たりなば」 堀込高樹

寒い。

私の苦手な季節の足音が聞こえてきた。

冬にクリスマスや正月のようなイベントが多い理由は、

この寒さに立ち向かおうとした先人の知恵か。


キリンジの兄さんのほう、

堀込高樹のセンスには本当に目を見張るものがある。


              枯葉


この「冬来たりなば」という曲に散りばめられた言葉たちは、

私に最も苦手な冬という季節の冷たい風の匂いをいとも簡単に思い起こさせる。


柊・・尖った葉の先で・・

心を守ってるの・・

冬来たりなば・・・か。


抗ってもしょうがない。

観念するか。



Fuyu kitarinaba - Takaki Horigome

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。