Musiquarium

音楽酔族館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Candy」 具島直子

力を添えずに、

力まずに、

この女性歌手の曲には触れられる。


心を痛めることも、

精神を昂ぶらせられることもなく、

この女性歌手の曲には触れられる。


             24.jpg



久しぶりに具島直子の「Candy」に触れ、

私はなんの感慨もなく、

ゆっくりと過ごす。


このような音楽があるからこそ、

心を痛める、精神の昂ぶる音楽にまた触れることができる。


食事にも「箸休め」があるように、

具島直子は私の精神をゆっくりと休ませてくれた。



Candy - Naoko Gushima
スポンサーサイト

「茎 (STEM)」 椎名林檎

躁鬱を繰り返し、

ささくれだった心で街に出る。


安物の歌、

嘘つきの人間たち、

知りたくない真実、

えげつない予定調和、

そんなものに囲まれたものを日常と呼んでいた。


              sina.jpg


残り少ない純粋性は、

鬱積したオーラを放つ音楽のなかにあったことに気づく。


椎名林檎の「茎 (STEM)」に触れ、

この安っぽい国にまだこんな不器用な感性があったことを知らされた。


気高い歌は、その鬱積感を理解しりうる人間たちだけのために凛と存在していた。


明日はまたオトナの顔で日常を過ごせそうだ。



Kuki - Shiina Ringo

「フィーリング」 ハイ・ファイ・セット

西新宿が薄紫色に色を変え始めた。

都会がたまに垣間見せる美しい風景。

美しいひと時。


愛とは男と女が傷つけあう触れ合いなのだそうだ。

大人っぽいね。


            20070208175708.jpg



昔の歌謡曲はいい。

味わいがあるから。


そして美しい風景に良く似合う。


今、あなたと私が、

美しければ、

それでいい。



Feeling - Hi-Fi Set

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。